【何語?】No.12 ビジネス用語の備忘録 Vol.3

【何語?】No.12 ビジネス用語の備忘録 Vol.3

こんにちは。

kztakaです。

早くも3回目となりました
ビジネスキャリア検定マーケティング
に出てくる用語の解説となります。

解説は各種ウェブサイト、wikiから引用しています。
解説だけだと分かりづらいので私なりに噛み砕いた内容で投稿していきます。

それではどうぞ。

【用語集】

・成長戦略
・交差弾力性
・キャプティブ価格設定
・上澄み吸収価格設定
・市場浸透価格設定
・バイラルマーケティング
・ホームパーティ販売
・チェーンオペレーション
・ボランタリーチェーン
・EDI
・ECR
・製販同盟
・チャネルコンフリクト
・ジャストインタイム(JIT)

【解説】

交差弾力性

ある財(もの)の価格が変化した時に、その変化が他の財(もの)の需用量への影響を表す度合い。
正の財は代替財、ゼロの財は独立財、負の財は補完財という。

ガソリンの価格と車の需用量の関係。

キャプティブ価格政策

ある商品を格安で販売し、維持・管理・稼働の為のランニングコストで収益を上げる価格政策。
商品を安く販売し、メンテナンス量で儲ける。

プールは無料で使えるがロッカー代が1,000円かかる、みたいな事。
サイトを色々見てるとインチキ商法一歩手前と紹介しているところが多かったです。

上澄み吸収価格政策

新製品の発売に際し、初期の価格を比較的高めに設定し、高額所得者などの価格にこだわらない購買層をまず掴む事によって、市場への浸透を図る価格戦略。

ブランド品の新製品などに使われる。

市場浸透価格政策

上澄み吸収価格政策と真逆の考え。
新製品の価格を低く設定し出来るだけ早く市場全体への浸透を図り、市場シェアを確保して収益を上げる。
後発の会社が先発の会社よりもシェアを取るためによく取る方法。

日用品などに使われる。

バイラルマーケティング

商品やサービスを利用したユーザーが、友人や同僚に紹介するように仕向けるインターネットを使ったプロモーション手法。
バイラルの語源は病原体のウイルス(Virus)。

口コミや各サイトの「友達紹介キャンペーン」みたいな事。

ホームパーティー販売

訪問販売の1つ。
販売員が友人知人に呼びかけて、顧客の家を会場にパーティ形式で販売する方法。

海外の通販番組のスタンスがそれに近い感じですか?
いや、イメージだけですけど。

チェーンオペレーション

本店を軸に支店を出店していく多店舗展開の為の手法。
本店・本部:チェーン全体の商品仕入れ、販売戦略
各店舗:販売、営業のみ

売る為のノウハウを本部から貰って支店は売りまくる。
トップダウンの為、横の繋がりは無い。

ボランタリーチェーン

同じ目的を持つ独立事業者が主体的に参画・結合し、チェーンオペレーションの仕組みを構築・活用して、地域生活者のニーズに対応した商品・サービスを提供する組織。

地域密着型で、みんなが寄り集まって本部を作る。
その為横の繋がりが強い。
例を出すと、地域にしか無いコンビニがそれ(ポプラとか)

EDI

標準化された規約(プロトコル)に基づいて電子化されたビジネス文書(注文書や請求書etc…)を、専用回線やインターネットなどの通信回線を通してやり取りする事。

今までメール便やFAXでやってた事をメールで添付ファイルでやり取りする。
もしくはLINE WORKSのようなものでやり取りする。

ECR

効率的消費者対応。
メーカーと小売業が連携し、流通システム全体を効率化させる為に行う取り組み。
消費者を基点に在庫、販促、品揃え、新製品なだを効率化し顧客満足度を高めようという動き。

ちょっと噛み砕けなかったです。
また理解が追いついてません。

製販同盟

メーカーと小売業者が合理化やコスト削減の為に戦略的に同盟関係を結ぶ事。
小売業者が持つ消費者情報をメーカーの商品開発に直結させる事でコスト削減を図り、低価格販売を実現しようとする戦略。

イオンとかに良くあるPB(プライベートブランド)商品。
実は大手の会社がPBを開発してたりする。らしい。

チャネルコンフリクト

マーケティング活動での様々な経路で生じる企業間の衝突や対立。
垂直的な対立:異業種間の対立。メーカーと卸業者、卸業者と小売業者など。
水平的な対立:同業同士の対立。製造業者同士、小売業者同士など。

仕入れた商品が壊れてたりして何処に責任がある!?ってなったり、お前んとこなんか汚い事やってウチのお客さん奪ってるらしいな!?ってなったり。
仲良くして。

ジャストインタイム(JIT)

トヨタ自動車が考え出した技術体系。
必要なものを、必要な時に、必要な量だけ生産する事。
経済効率を高める為の技術体系。

無駄な在庫は良くない。

【まとめ】

以上、本日改めて勉強した内容でした。

それではまた次回。

勉強カテゴリの最新記事