No.54 どこよりも分かりやすくITパスポートの用語を解説する!Vol.7

No.54 どこよりも分かりやすくITパスポートの用語を解説する!Vol.7

こんにちは。
 
 
kztakaです。

 
本業の職場では新たな人員が入ってきてフレッシュな空気が流れています。
新たなエネルギーが入ってくると刺激にもなるし、良いライバルが出来た感じでまた一つ仕事が楽しめそうです。
 
今回入ってきた人は結構オラついてますが、仕事の仕方が私と似ているので仲良くやって行けそうです笑
 
 
 
 
前回の記事

 
それでは本日分行ってみましょう!
 

用語集

・IPアドレス
・ドメイン名
・DNSサーバ
・グローバルアドレス
・プライベートアドレス
・DHCP
・ADSL
・FTTH
・CATV
・メールアドレス
・MIME
・情報セキュリティの3要素
・機密性
・完全性
・可用性
・リスク軽減
・リスク回避
・リスク転嫁
・リスク保有

 

解説

・IPアドレス

32ビットの識別番号
8ビット単位で10進数に変換する(各桁にN進数の重みを掛ける)
 

・ドメイン名

www(コンピュータ名).●●●(組織名).co(企業).jp(国名)
国名の部分を「トップレベルドメイン」という。
 

・DNSサーバ

IPアドレスとドメイン名を関連付けてくれる。
「このドメイン名のIPアドレスは○○です」みたいに。
 

・グローバルアドレス

世界で一つしかないアドレス。
重複するものは絶対にない
 

・プライベートアドレス

組織でひとつしかないもの。
AとBという企業に同じ「101」という内線番号があるイメージ。
その組織内でしか使う事の出来ないアドレス
 

・DHCP

IPアドレスを動的に割り当ててくれるシステム。
 

・ADSL

メタル配線。
接続にはADSLモデムとスプリッタが必要。
上りと下りが非対称であり、下りの方が速い
 

・FTTH

光インターネット。
ADSLよりも速い
100Mbpsの速度が出るものもある。
 

・CATV

ケーブルテレビ。
ADSLと同程度の速度で、上りと下りも同じように非対称
 

・メールアドレス

@マークより前はユーザー名、@マークより後はドメイン名。
 

・MIME

テキストだけでなく音声や画像も送れるメールシステム。
データを添付できるという事。
 

・情報セキュリティの3要素

機密性、完全性、可用性の3要素
 

・機密性

情報漏洩しないようにする事。
システムの暗号化で向上させられる。 
 

・完全性

情報や処理方法が正確、完全であるようにする事。
デジタル署名で向上させられる。
 

・可用性

使いたい人が使いたいときに情報を利用できるようにする事。
システムの多重化で向上させられる。
 

・リスク軽減

リスクマネジメントの一つ。
リスクの損失額や発生確率を低く抑える
情報の暗号化、入退出管理、消火設備の設置、などが挙げられる。
 

・リスク回避

リスクマネジメントの一つ。
リスクの原因を除去する
公開の中止、個人情報を取得しない、などが挙げられる。
 

・リスク転嫁

リスクマネジメントの一つ。
契約などを使いリスクを第三者へ移転・共有する
保険に加入、プロジェクトの開発を外部に委託する、などが挙げられる。
 

・リスク保有

リスクマネジメントの一つ。
影響度の小さいリスクを許容範囲として受容すること。
 

まとめ

お疲れ様でしたー。

今回も割と知っている用語は多かったんじゃないでしょうか?
現在勉強しているところがちょうどPCのシステム系のところなので、名前だけでも知っている、という物が多かったですね。
中身までは知らなかったものも同じ位多かったですけど笑

この調子で知識をどんどんつけていけると試験合格の自信につながりますね!
 

使っている教材

 
 
それではまた次回。

勉強カテゴリの最新記事