No.72 「マンガでわかる 仮説思考」を読んで

No.72 「マンガでわかる 仮説思考」を読んで

こんにちは。
 

kztakaです。
 
 
 
今回は読書記事です。
読んだ一冊は
マンガでわかる 仮説思考」です。
 
 
それでは早速ご紹介いたします!

 

Advertisement

手に取った理由は?

前回の一冊が読み終わり、早速次の一冊を探しているところでした。
ちなみに前回の読書記事はこちらです。


 
 
盲目的に与えられた仕事をこなし続ける仕事のやり方に、最近すごい違和感を感じていまして。
その感覚を取り除くには

問題を見つけ出して解決する能力を身に付けたい

と思っていました。

新しい仕事を提案する、は既に行っていました。

それとは別で、今やっている仕事ももっと効率的に、もっと楽しくできないか
その為には今の仕事の改善点(問題点)を見つけ出して解決しなくては、と考えました。

 
今回選ぶ時のポイントは

①問題解決のテクニックよりももっと根本的な「考え方」について知りたい
②イメージしやすいようにする為、できれば絵の挿入があるもの
③一気に読み進められそうなもの

この3点でした。
 
 
そしてこの「マンガでわかる 仮説思考」に行き着きました。
 


 
 
 

ざっくりと内容をご紹介

仕事の進め方について2つの思考法があります。

それは「網羅思考」と「仮説思考」です。

 
多くの人が「網羅思考」で仕事を進めています。
その方法とは

①考えうる全ての選択肢を調査する
②調査を常にやり続ける為、選択肢がどんどん広がる
③時間がかかる

ざっと上げるとこのような考えです。

対となる「仮説思考」は、コンサルティングの世界でよく使われる思考法なのだそうです。
その方法とは

①選択肢は増やさず、あたりを付け1つに絞る
②仮説⇒検証を繰り返す
③間違っていれば修正or進化させて更に検証する

もっと深いような気もしますが大体こんな感じです。

この一冊では後者の「仮説思考」を手に入れよう、という内容になります。

その方法をマンガを使って解説してくれる一冊でした。

 

読んでみた感想

読んでいた時間は合計で大体2~3時間だったと思います。

マンガの部分でも解説してくれていますし、それ以外のところでは更に詳しく解説してくれます。
またマンガ部分の解説が非常に分かりやすかったので、戻って読み直す、という事は一回もなかったです。

楽しみながら一気に読み進められました。

がっつり一冊にのめりこみたいのなら物足りなさを感じるかも知れません。
割とライトな感じの読み物を探していた私にはぴったりのボリュームでした。

 
 

こんな人にオススメ!

 

・問題発見・解決の力を付けたい、磨きたい人
・人の上に立つ立場で仕事している、したい人
・プロジェクトリーダー、マネージャー
・今の仕事の仕方に違和感を覚えている人
・「仕事は出来るけど、判断(行動)が遅い」と評価されている人
・いつも締め切りギリギリに仕事が終わる人

 
 

Advertisement

まとめ

ばーっと読めたので忘れないうちにばーっと書きました笑

今回の内容だと「網羅思考は良い事なし!」のような捉えられ方でしたが、それは一つの考え方でしかないと感じました。
それは「網羅思考が出来る人はプレイヤーとしては最高」だからです。

私はいちサラリーマンですから、いちプレイヤーでもあります。
なので仕事をこなす、という点に関して「網羅思考」が使えますし、今の仕事の管理者としては「仮説思考」が非常に有効だと思います。
どんな部分にも一長一短がありますから、自分の考えを持ちながら、他者の考え・教えを吸収して、自分の考えを更に進化させられれば最高ですね。

 

「網羅思考」
・考えうる全ての選択肢を考える
・調査に時間がかかる
・判断を先延ばしにしがち
・プレイヤー向きの考え

「仮説思考」
・選択肢は1つに絞る
・判断は早いが間違える可能性が大いにある
・間違えた時のリカバリー(修正・進化)が1番重要
・管理者、リーダー、マネージャー向きの考え

 
 
 
以上、「マンガでわかる 仮説思考」についての所感でした。

 
 
 
それではまた次回。

ビジネス書カテゴリの最新記事