No.77 目的と目標の違い、言えますか?猿でもわかるビジネス用語!!Vol.24

No.77 目的と目標の違い、言えますか?猿でもわかるビジネス用語!!Vol.24

こんにちは。
 
 
kztakaです。
 

 
今回は、「KGI」について解説していきたいと思います。

以前の記事で「KPI」について解説しました。
実はこの「KPI」と「KGI」の両方とも、ほぼ同じような意味合い、シーンで使われる事があります。
しっかり違いを意識して、理解し、仕事や試験に活かしてください。
 

KPI」の記事を以下に掲載しておきますので、併せてご覧ください。


 
 
それでは次章から「KGI」の解説となります。
 
 
 
Advertisement

何の略語?

Key(極めて重要な)
Goal(目標・目的)
Indicator(指標)

「重要目標達成指標」とビジネス的には言われます。

目標目的、という似たような言葉も出てきてます。
しかし、違いもありますのでこの際一緒に理解しちゃいましょう。

 

目的
・最終的に達成しなくてはいけない指標
・目指すべきゴール

目標
・目的達成のための手段

 
 
だいたいこんなイメージです。
 
 
また「KPI」と同様に定量的なデータでないといけません
なぜなら、「KGI」の評価者は上司になることが多く、その上司は当事者ではないことがほとんどだからです。
つまり、どんな人が評価をすることになっても、公正な評価をするために定量的なデータを使うのです。
 
 
 

どんな時に使われるの?

実は前章で説明した「目的』と『目標」と「『KGI』と『KPI』」の関係性は非常に似ている、むしろ使い方としてはほぼ同じと思っています。

「目的達成のために目標を設定する」

「KGI達成のためにKPIを設定する」

はほぼ同義、同じ意味になります。
 
 
 
 
注意点としては、「自分のKGIは会社のとってのKPIとなりえる」ということです。

すべての人にこれがあてはまるとは限りません。
正直、今現在てがけている仕事を自分の中で「目的」としているのか、「目標」としているのかという話です。

 
少しだけ仕事についての持論を。

いつかの記事で「サラリーマンの仕事は会社の利益を上げること」と言ったと思います。

なのでその考えが常に頭にある人ならば、今手がけている仕事は利益を上げる「手段(目標)」であり、自分の仕事の「ゴール(目的)」では無い、と考えるはずです。

しかし、目の前の仕事をこなすだけの人ならば、今手がけている仕事が「ゴール(目的)」であり、「手段(目標)」は仕事の効率化であったりになります。

どんな視点・姿勢で今の仕事に取り組むかによって、設定すべき目的・目標が変わってくる、という事です。

 
 
上記のことから、立場・考え方・仕事への姿勢・状況によって、「KGI」と「KPI」を使い分けていく必要があります。
 

イメージとしては以下の図を参考にしてもらえればと思います。


 
 
 

Advertisement

まとめ

前回同様、これも2つの用語を1つの記事にしてもよかったかもしれませんね。。。
2つを同時に理解した方が、図のイメージもつかみやすいですもんね。

反省、反省。。。
 
 

今回は「KGI」とそれに付随してほぼ同じ意味の「目的・目標」についても同時に開設しました。

似た言葉なので、質問されると「ん?」と固まるかもしれませんが、理解すればどうってことはないです!
 
 
プロジェクトのプレゼンや、進捗状況の発表などでも使えますのでぜひ活用してみてください!

 

・「KGI」は「目的」と同義
・先日解説した「KPI」は「目標」と同義
・目指すべきゴール
・「KPI」と同様、定量的データである必要がある

 
 
 
 
それではまた次回。
 
 
 
 
↓前回の記事

 
↓IT系資格の勉強法を公開してます
①ビジネスキャリア検定2級
 


 
 
②ITパスポート

ビジネス用語カテゴリの最新記事